これからの音楽初期教育に必要なこと(「耳」を育てる)

久々のエントリですので、長年温めてきたテーマに取り組んでみようかと。

音楽の初期教育で、多分昔から難易度が高く、なかなか良いメソッドが見いだせない領域です。

今回のテーマは「耳を育てる」教育法に関して、金澤の仮設から考察してみたいと思います。

 

「耳を育てる」すなわち、良い音楽を聞き取れる能力となります。

楽器演奏技術で、この「聴く」という事象はなかなか良いメソッドがありませんでした。

私も長年この分野に悩まされ、どうしたら初期教育の段階で効果的に耳を育てることができるのかに悩み苦労しました。

 

そもそも「耳を育てる」というのはどのようなことなのでしょう。

 

「音楽を演奏する」という位置づけから考えるに、「良い音を聞き分ける」「周囲の音を聞き分ける」という感じで考えてしまいがちです。

しかし耳は音を認知する器官。耳は音の振動をキャッチして脳に伝達する器官です。

この能力は狭義では俗に言う「聴力検査」などで使われる周波数をキャッチする能力なのかなと思います。

単音を聞き分け、すなわち聴音し、音程を認知する。場合によってはそれを絶対音として音程に変換し言い当てる能力。

でも、これができても「音楽表現」にはあまり結びつきません。

いわば「音のクイズが得意な人」なのです。

では、もう少し広義に考えてみましょう。

 

音を認知する先には「音を表現する」という目的につながっています。

認知すべき音は「音色」であり、実現を目指す「表現」に繋がります。

声帯模写の方を例にしましょう。

彼らは「特徴」を把握します。

それが音程なのか、音色(倍音構成)なのか、抑揚なのか、子音なのか、タイミングなのか。

様々な特徴を認知し、そしてそれを実現化するために自分がどう行動すればよいのかを考えます。

そう、音程だけではないのです。

 

音色というのは倍音構成です。オシロスコープで表現される、「どの周波数が同時に鳴っていてどの周波数が強いか」で確認できます。

そう、「面」なのです。

単音を把握できるだけでは不十分なのです。

では、普段の生活ではどのように認知しているのでしょうか。

 

例えば親、兄弟、友達、先生などの声を例に取りましょう。

一回聞いただけで「この人の声だ」と認知できる人も多いかと思います。

これは「耳が育っている」と定義してみます。

声も音楽同様各要素で構成されています。

その人の特徴的な抑揚や発音の癖、倍音構成(可愛らしい声やダンディな声などは倍音がそう聞こえさせているはずです)、間合いなど。

なんとなくの雰囲気の中で、各要素を記憶しています。

これは、平時にその声を聞いていることが条件です。

例えばオレオレ詐欺が流行している背景では、息子や孫の声をしばらく聞いていなくて声を忘れてしまっていることも原因の一つなのではないかと思います。

その人の発する声を記憶していれば、それが近い過去に頻繁に聞き覚えがあれば、そうそう間違えることはないと思われます。

 

音楽に話を戻すと。

 

良い音楽、良い演奏を身近に聞き慣れることは非常に大切なことと思います。

例えば、友人の声を覚えるのに「この人は○○の癖があるな」と考える小学生はいないと思うんです。

毎日聞いている、頻繁に聞いているからこそ、そして興味があって認知しようとしているからこそ、記憶します。

その記憶は分解された要素を一つ一つ論理的に記憶するのではなく、まるっと面で記憶するのではないかと思うのです。

 

良い音を記憶することは、先に「音楽表現の道筋」であると仮定しましたが、であるなら、身近に良い音が存在することは重要です。

良い演奏録音を聴く、良い演奏かの音を聴く、生で聴く、好きになる。

そういう、理屈で「この音程は440HzのAである」という分析ではなく、「あぁいい音だなぁ」という面なんだと思います。

そう考えると、その「良い音」をできるだけ身近に、しかも興味を持って聴くことがとても大切ではないかと思うのです。

 

楽器を教える方は、機会の許す限り「良い演奏」を「興味を持たせて」聞いてもらえるよう、自らの演奏技術を育て、レパートリーを増やし、どんどん演奏してあげてほしいと思います。

その中で、固執した表現ではなく、色々な工夫をしながら、聞き手が「どんな表現が好きなのか」などを探りながらインプットを増やしてあげてほしいと思います。

 

理論を教えようとすると、単音を記憶させようとすると、それは苦痛でしかありません。

理論は裏付けであり、その根幹は「気持ち良い音楽であること」だと思うのです。

特に初期教育段階ではどう音楽に接してもらうかはとても大切なポイントです。

耳を育てる、すなわち「感覚として良い音を感じさせる」インプットを提供することは、その先にある「表現する」という行為に直結することではないかと思います。

 

あとは、「表現したい」と思ってくれれば、記憶を頼りにそのまま表に出してもらい、障壁があれば論理的に記憶を分解して足りない要素を確認する。その要素を実現するためにテクニックを養成していく、という手順で、耳は育ち音楽表現が多彩になっていくのではないでしょうか。

 

「そんなこと分かっている」とお叱りがあるかもしれませんが、もう一度冷静に、先入観や経験則を抜きにして、「本当に耳はそだれられているか」を導く立場の人間は考えてみるべきだと思います。

Comment:
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
アンブシュア―管楽器奏者のための
アンブシュア―管楽器奏者のための (JUGEMレビュー »)
モーリス・M・ポーター,大室 勇一,荒木 雄三
RECOMMEND
RECOMMEND
R・シュトラウス:ツァラトゥス
R・シュトラウス:ツァラトゥス (JUGEMレビュー »)
カラヤン(ヘルベルト・フォン),ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,R.シュトラウス
無料ブログ作成サービス JUGEM

SUGGEST

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.