意志と意識
音楽を表現する者にアマチュアもプロも無いと私は考えている。
音を出した瞬間、その音はどんな形であれ必ず鳴り響き、(自らを含め)誰かの耳に届く。
私が行っている音楽は、多くの演奏家が音を出し、その個々の素材を生かし切る仕事であるがために、少なくとも私の耳には必ずといって良いほど音は伝わってくる。

音を出す動機には何種類かある。

「出てしまった音」
「なんとなく出した音」
「出したかった音」
「聞いて欲しい音」
「共有したい音」

音楽での音を出す動機は、上記後半のような動機が殆どだと思われる。
演奏会や軽音楽でいうライブなどは、将に「聞いて欲しく」「共有したい」音を表現する場であろう。

では、「聞いて欲しい」と思って「音を出し」、「共有する音」は、どうあるべきか。
第一に、互いが能動的である必要は不可欠であろう。
まず奏者は「聞いて欲しい」と思い、そうトライする。
聴衆は「聞きたい」と思い、耳を傾ける。
そうした互いのモチベーションの合意点は、「聞かせるべき音」である事と「聞き逃さず音を受け取る」事ではないかと思う。
聞かせるべき音の方が技術などの点で大変だと感じて仕舞うであろうが、そうではない。聞き逃さずに音を受け取るという行為は、本当に大変な事である。将に指揮者の行為は此に当たる。

聴衆は指揮者ほど音を聞いては居ない。
何故か。
指揮者はその音楽を聴いて、「動かす」事ができる。
自らの音楽感をその演奏にぶつけ、新しいものを創り出す事が出来る。
だから、その個々の素材を聞き逃さずに生かしてやりたいと思う。
聴衆は自らの能動的行動は、その音楽に一次的な関係を持たない。
雰囲気や感動、歓声などなど二次的関係は持てるが、その音楽に直接影響を及ぼす事は出来ない。
ここが指揮者と聴衆の大きな差であろう。

では、奏者はどのような位置に居るのか。
音楽の発想の源であり、素材であり、全てである。
同じ場所に居る指揮者にも聴衆にも出来ない、一次的発生音を送り出す事が出来る。
音楽を行う行為という部分では、一番の要は奏者という事になる。
では、音楽会などの発表の場ではどうだろう。
発表というくらいなので、其処には「表現者」と「聴衆」の二者が必ず存在すべきである。
でないと、発表した音楽を伝える先がないので、到達点が見えない音楽になる。
プレイヤーも勿論聴衆であるが、先ほどの一次行動が取れるという意味では厳密な聴衆とは違うのである。

互いが意志を持ち、自由な判断でその場に居合わせるのが発表の場である。
であるなら、やはり大きな動機はその発表者に依存するものである。
発表者の強い意志により、聴衆の「聞きたい」という意志が育てられる。
これが「感動」であると私は思う。

繰り返すが、音楽を行う上で一番の動機は「演奏家がどんな演奏を伝えたいか」であり、「聴衆を自らの音楽に引き込み時間を共有する」事に真摯であるべきである。
決して「演奏したいから」「自分たちだけ楽しみたいから」ではない。
仮にそうであるなら、演奏会などの発表の場は必要ないのである。

クリエイターでありアーティストである全ての演奏家の諸君は、他の全ての立場より能動的であり且つ積極的であるべきだと、私は思うのである。




演奏家の諸君、
能動的な音楽たれ!
クリエイターたれ!
パフォーマーであるべからず!

吸収し、
噛み砕き、
媒介させ、
自らの生き様を
音の乗せて発散すべし!

目先の事にとらわれず
何をすべきか現と見据え
純粋に音を追求されたし!

作曲家を愛し、
聴衆を愛し、
他の演奏家を愛し、
自らの音を愛せる
そんな空間を目指せ!





私の理想は、「吸収しあう」のではなく
「ぶつけ合う」事。
炎色反応のように。
内存する人生の星くずを
惜しげもなくぶつけて欲しい。

そういう指揮を、これからも執りたい。
Comment:
2007/06/26 2:30 AM,  wrote:
コメント有り難う御座います。
お気楽に勝手なことを書き殴っているBlogに足を運んで頂き有り難う御座います。

こうしてコメント下さる方が居ると頑張れます。笑

良かったらまたコメントを残して下さいませ。
2007/06/26 2:23 AM, yukarin+ wrote:
はじめまして。
なんでこのHPにとんだのか忘れちゃいましたが…以前からちょくちょく拝見させてもらってましたo(_ _*)o
心に響くものがあったのでコメント残します。
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
アンブシュア―管楽器奏者のための
アンブシュア―管楽器奏者のための (JUGEMレビュー »)
モーリス・M・ポーター,大室 勇一,荒木 雄三
RECOMMEND
RECOMMEND
R・シュトラウス:ツァラトゥス
R・シュトラウス:ツァラトゥス (JUGEMレビュー »)
カラヤン(ヘルベルト・フォン),ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,R.シュトラウス
無料ブログ作成サービス JUGEM

SUGGEST

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.