シラブル
アンブッシュアとシラブルは、金管楽器奏者にとってまさに命と云えるのではないだろうか。
今回はアンブッシュアやシラブル、特にハイトーンにおけるシラブルの使い方を書いてみたい。

アンブッシュアで一番重要だと云われているのが「顎上の窪み」と「鼻横の放射筋」である。唇に一定の緊張を与えるために唇環状筋を中心に放射的に緊張させる事で、環状筋の筋肉だけの緊張ではなく唇が緊張する。
仮に環状筋のみで緊張を得ようと思うと、丁度唇をすぼめた形になる。これでは音が出ないのは一度でも金管楽器を奏した者であれば直ぐに理解できよう。
放射筋があるからこそアンブッシュアが維持でき、弦楽器の調弦のように音程を確保する事が出来るのである。

では、音程乃至音色を決定する要素は、アンブッシュアのみであるのだろうか。
答えは否である。
音が発音されるメカニズムを金管楽器だけに譬えて云うと、要素は4つである。

・管楽器の長さ(波長と同期)
・身体の共鳴体(波長と同期)
・息のスピード(周波数と同期)
・管の形状(倍音に同期)

管楽器の長さと管の形状は変化させる事が出来ない。尤もバルブやスライドなどでアクションする事により管長は変化できる。が、これは共鳴倍音を波長の立場から同期させるだけに留まる。
音は周波数が音高になるのだから、その波長は周波数に依存すべきである。
では、周波数を決定するのは何か。
発音体の緊張状態に対して適切な息の摩擦が生じると発音し始める。
そしてその周波数は通り抜ける摩擦の大きさ=息のスピードで決定される。
であるなら、息のスピードこそ実は音高を左右する最も重要な要素であるのだ。

息のスピードは肺活量と息が通る道の抵抗に関係する。
もの凄く大雑把に言うと、肺活量の高い人は沢山の息を一気に排出できるために高音が出やすい。また、身体が小さい人は息の通る道が細いため、同じ息の量を使用してより高い音が出やすい。
あくまで理論上の話であり、矛盾も当然あるので体型に左右されないのであるが。

よって、裏を返せば「息のスピードを簡単にコントロールできれば音高は自由自在になる」のである。

そこで登場するのが「シラブル」である。
勿論極端な変化は発音自体を変化させ、共鳴体である身体の一部の形状を変化させるために多用すると音色が損なわれる場合がある。
では、踏まえて整理すると、
・音色が損なわれないよう工夫して
・シラブルを変化(息の通る道を変化)させると
・音程が変わる
ということが理解できる。
よく教則本で高音域は「イ」の発音、低温域は「オ」の発音などと記載されているが、これはひとえに「息の通る道の面積を狭めれば高音、広げれば低音が出やすい」と言っているのである。
これに舌の動きを加味すると、実は多くのプレイヤーが難儀している「ハイトーン」が楽々出せる事になるのである。

よく考えてください。プロの奏者があんなに綺麗に簡単にハイトーンを当てるのには、何か秘密があると思いませんか?

先ほども記載したとおり、音色の変化があるためにシラブルの多用は良い結果を生むとは限らないが、この原理は管楽器であれば全て当てはまるので、木管楽器にも適用できるのである。
特にフルート奏者は音高が上がれば音がぶら下がり、音高が下がれば高くなる。
これは「息のスピードと管長がマッチしていない」のである。
フルートの場合、口元は発音に関係ないためにアンブッシュアの変化も利用できるので、上記考え方を更に実現しやすい楽器でもある。


ダブルハイの世界は、さほど難しくないのか見知れない。

次の機会には「フラジオ」「強制倍音」をテーマにしてみようと思う。
Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
金管楽器の厳選紹介 / 管楽器を極める
2007/07/01 8:32 PM
商品到着いたしました。迅速な取引ありがとうございます。トランペットの掃除に愛用しています。他のお店より価格が安い。・シラブル・6/24に「中1 管弦楽部入りたいです」とコメント下さったかた シラブル(みちの音楽見聞録) ... 音が発音さ
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
アンブシュア―管楽器奏者のための
アンブシュア―管楽器奏者のための (JUGEMレビュー »)
モーリス・M・ポーター,大室 勇一,荒木 雄三
RECOMMEND
RECOMMEND
R・シュトラウス:ツァラトゥス
R・シュトラウス:ツァラトゥス (JUGEMレビュー »)
カラヤン(ヘルベルト・フォン),ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,R.シュトラウス
無料ブログ作成サービス JUGEM

SUGGEST

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.