海外への想い
私は海外渡航の経験がない。
物心付く前に香港には行っているらしいのだが、それくらい。
ここ数年、海外渡航の夢が溢れてきている。

行くならドイツと決めている。
ドイツ語が好きなのだ。
あの響きが。
ドイツでもう一度学びたい想いが強くある。
しかし、年齢がそれを許さない。
であるなら、せめて情景を目に焼き付けておきたい。
民族に触れ合い、引き出しを増やしたい。

このまま日本にいても、多分小さな世界で音楽を自己満足として表現するに留まるのかもしれない。
世界有数の演奏家との共演も難しいだろう。
諦めては居ないが。
しかし、そのチャンスは本当に少ない。
そして自分自身の臆病との戦いは、未だ一切の決着がついていない。

もう遅いとは思いたくない。
いや、そう願ってやまない。

しかし、本当に本当のところは、海外ではない。
日本での市民権をもっと確立したいのだ。
西洋音楽の地位を。
もっと広く一般に楽しんで欲しい。
それこそ民族性の問題はあるが、それでも触れ合う機会が少なすぎである。
無料の良い演奏会。
ホールではなく、野外での演奏会。
意識ある演奏家の素晴らしい演奏。
そういう活動を、していきたい。
福祉活動として行っているグループは数多い。
それはそれで本当に大切なことで、私も以前行っていた。
それはそれとして。
福祉ではなく、メジャーで。


日本の演奏家に、そうした気概がある方が実に少ないと私は思う。
アマチュアでも良い。
本物を実現しようと日々悩み、鍛錬している演奏家。
本当に日本のクラシック界を育てようと地道に活動する人々。
そういう人と、演奏を共にしたいと、最近特に感じる。
Comment:
2008/10/24 2:59 AM, 路 wrote:
気づくのが遅くなり、申し訳ありません。
ご訪問、有り難う御座います。
拙い文章ですが、良かったら読んでやって下さいませ。
2008/05/23 12:25 PM, hanoka_tp wrote:
はじめまして。
キヌガサから辿って参りました。
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
アンブシュア―管楽器奏者のための
アンブシュア―管楽器奏者のための (JUGEMレビュー »)
モーリス・M・ポーター,大室 勇一,荒木 雄三
RECOMMEND
RECOMMEND
R・シュトラウス:ツァラトゥス
R・シュトラウス:ツァラトゥス (JUGEMレビュー »)
カラヤン(ヘルベルト・フォン),ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,R.シュトラウス
無料ブログ作成サービス JUGEM

SUGGEST

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.