Camille Saint=Saens「Samson et Dalila」よりBacchanale
久しぶりに徒然なるままに自分の楽曲解釈を書いてみた。

Camille Saint=Saensが書いた「Samson et Dalila」は当初オラトリオとして書き始められたが書き終えてみればオペラの形式に落ち着いている。
楽曲のテーマは旧約聖書「士師記」第13章から第16章のサムソンの物語に基づくものであり、標題音楽といえる。
「士師」とは英雄のことで、ペリシテ人(タゴン神を信仰)の支配下にあったヘブライ人(ユダヤ教を信仰)の英雄としてSamsonは登場する。
神に与えられた怪力によりヘブライ人を守ることを使命としたSamsonだが、女性に脆くその弱点がヘブライ人を裏切る形になってしまう。
惚れたペリシテ人女Dalilaにより色香の誘惑に負け、自分の弱点である「髪の毛の秘密」をDalilaに暴露、これがペリシテ人に伝わり神の力を削がれてしまう。
囚われの身となり目を潰され石臼を轢かされるSamson、恐れていた「士師」を捕らえ宴を繰り広げるペリシテ人。
その宴の前半が第3幕第2場「Bacchanale」。タゴン神は旧約聖書では異端。位置づけとしては悪魔。地獄での刑罰はパン焼き。容姿は上半身が人で下半身が魚の姿で描かれる海の民。対するユダヤ教エホバは絶対神。ヘブライ人には248の義務と365の禁止が課せられている。取り扱いは両端でありながら物語の当初はペリシテ人にヘブライ人は支配されている。
旧約聖書は「教え」なので必ずキリスト教(の流れ)が正しいと教えますが、それにしてもタゴン教の神は「ポニョ」みたいな感じか。随分な書かれ方をされているようである。

というわけでCamille Saint=Saens「Samson et Dalila」よりBacchanaleに関して少し書いてみる。

1小節目にある弦pizzから始まるobカデンツはその小節を支配しホルンのoctを従える。2小節目より楽曲が時間軸に則り進む形だが、冒頭カデンツは継続している(属七)。その後7小節目のDmにてトニカとなり楽曲が開始されることになる。メロディの冒頭は弱起だが、あくまでカデンツの最終形でありDmトニカを以って解決となる点がアンニュイな雰囲気を醸し出している。
第一主題は常に弱起にも拘らず、和声進行では強拍での解決となっている部分を丁寧に使うことでこの楽曲の二面性をきっちり表現できると思われる。
その後第一主題の展開が行われ、ある種十二音技法のような逆行形や和声的鏡面構造を持っており当時の革新的な技法を多分に採用している。
第二主題は冒頭カデンツの主題でありエキゾチックなヘブライ調の旋律となる。この旋律は増二度の進行が特徴で、5音音律になぞることができる。
増2度での分離性が楽曲の二面性を強調しており、表現の自由度と制約感の両面を表現できるものである。
展開部に近い第一主題の再来で楽曲は興奮に向かっていくが他方突然の弛緩、その後の興奮をオーケストレーションを多彩に用いて表現するところはまさに天才サン=サーンスの成せる業か。
中間部のDoppelは「興奮の先に弛緩がある」ものを表現している部分と解釈でき、退廃的刹那的ではなく、享楽的楽観的普遍的方向のベクトルに進んでいるよう捉えることが出来る。
Doppel部は当初トニカと属七が2小節ごと(冒頭の進行速度で解すると8小節ごと)に交互に出現し、それをクラリネットが崩し始めて低弦部で増長させ別の世界に突入する構造。その全体をドミナンスであるG音がCorにて支配し、導く様相は将に「お導き」であるように感じる。Doppel部は舞台転換のようにすっと静寂化し、その後現実の世界に引き摺り出されるが如く速度を回復し、しかしDoppel部の美しい旋律が尾を引く中で熱狂にベクトルは舵を取る。
その中でD-MollトニカであるD音がSubDominanceに当たるG音とDominanceに当たるA音を従えて常に完全音程で響き通す部分と変革を求めて3度の調性進行を貫く部分とが交互に出現し、時折見せるDユニゾンが物語の結末を示唆するある種の韻になっている。
第一主題の変奏が楽曲の熱をどんどん高め、執拗にドミナンスモーションを繰り返し最大の盛り上がりの中に第二主題へと突入する。
クライマックスはティンパニのリズムによる第二主題のCorによる強奏と、それを準えての全体強奏にてコーダに向かい、コーダは本来DmをDMに変更するピカルディ処理を施し、このピカルディ終止的構造も何度も繰り返され、これが単純な終止構造ではなく楽曲が新しい世界に向かう示唆であることは充分に理解できると思う。

ヘブライ調のメロディは非常にエキゾチックな雰囲気を醸し出し、しかし第一主題に関しては二重性を追求した現代的な構造であり、楽曲全体に「中途半端さ」がふんだんに盛り込まれている。
これはヘブライ人とペリシテ人の宗教的側面と、男性と女性の性的側面、更に天国と地獄の背反性、苦悩と享楽、服従と開放など対義に位置するものの近似性であるように思われる。
現に短旋律と長旋律では半音、より正確には1/3音の音律で性格が二分する音律の構造やその底辺で支配しているパワーコードの存在が「全ての事象は互いに背反し近似する」という思想を表現しているように思われる。
また時代背景からすると、フランス印象派主義がドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」でマラルメをもって賞賛するまでの形に開花する、その序章と言う位置付けを感じることが出来る程に深い主張であると感じることが出来る。

調性のとり方に着眼すると、D-mollからC-dur、そしてD-mollよりD-durという進行は実にエキセントリックであり官能的である反面、支配的な構造的な一面もあり、古典的な響きの中に現代技法的様相もあり、これまた二面性(否多面性)を表現している作曲家を裏付けるものではないかと思う。

カスタネットの使い方、コルレーニョやスピッカートなどの弦の使い方、Corを主調で書き、Trpを近親調で書き、3管編成といい、オーケストレーションといい、現代でも本当に興味深い楽曲ではないだろうかと思う。
Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
アンブシュア―管楽器奏者のための
アンブシュア―管楽器奏者のための (JUGEMレビュー »)
モーリス・M・ポーター,大室 勇一,荒木 雄三
RECOMMEND
RECOMMEND
R・シュトラウス:ツァラトゥス
R・シュトラウス:ツァラトゥス (JUGEMレビュー »)
カラヤン(ヘルベルト・フォン),ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,R.シュトラウス
無料ブログ作成サービス JUGEM

SUGGEST

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.